ドールハウス「おもてなしミニルーム総括 ~作り方&設定~」


「おもてなし」をテーマにしたミニルームの総括です。

さて、6部屋を紹介してきましたが、その位置関係はこんな感じです。

手作りドールハウス「おもてなしルーム」

アパート風の6つの部屋

右上2階から「月と星の部屋」「旅人の部屋」「お菓子の部屋」、右下1階から「緑の部屋」「水無月の部屋」「アルコールと音楽の部屋」となっています。

【ドールハウス本体の作り方、材料について】

●ハウスの概要
もともと市販の飾り棚です。6つに分かれた棚を見て、これはハウスとして活用できそうだと思って買ってあったものでした。確か2千円ぐらいだったかな。衝動買いして持って帰るのが重くて大変だった記憶があります。
外装は何も手を加えていません。もともと白の塗装が少しはがれたデザインです。
一部屋あたりのサイズは約W130×H130×D120(mm)。部屋によって若干のサイズ差あり。全体のサイズは約W400×H290×D120(mm)です。

●床
まずは床を貼りました。床は1mm厚のバルサ(和室除く)ですが、下段は発泡スチロールやダンボールをひいて床の高さ調節をしました。
ちなみに和室は100均の井草風ランチョンマットを適当なサイズに切って、布で畳縁をつけて作った畳を敷いています。

●壁紙
次に壁紙です。単色の鮮やかなカラーリングにしたかったので、各部屋のイメージカラーと全体の調和を考えて選びました。
この作品自体、まずこの6色ありきで作り始めたといっても過言ではありません。奥の壁の色に合わせ、合わせるサブカラーを決めて、各部屋白と茶を含め、概ね4色で収まるように考えました。
ドールハウスの壁紙は専用のものも通販などで買えますが、私は包装紙やごく一般的な色画用紙を良く使います。
今回は世界堂で仕入れたごく普通の無地のラシャ紙です。赤と青だけ単色で気に入った色がなかったので、少しマーブル模様の入ったデザインの紙を選びました。

●電気
地味に苦労したのは電飾です。市販の模型用の小さなLEDライトを使っているのですが、裏から配線を通すために穴をあけるのが難しかった。
鉄板のような素材なので、一発勝負で釘をかなづちで打って小さな穴を開けました。
ちなみに、「月と星」「アルコール」の2部屋はテーマ的に夜の時間なので、黄色のライトをつけてあります。その他の部屋は白のライトです。

【ドールハウスの世界観・設定の話】

6部屋出そろったところで私の中の設定をご紹介したいと思います。結構長いです。
あくまでも私が部屋を作るにあたって考えた設定なので、見る方に好きに捉えていただいてOKです。

 

おもてなしルームを考えたときに、ただのおもてなしじゃ面白くないなと思って考えたサブテーマは「彼女が部屋に遊びに来たら?」でした。
“お客様”は同一人物で、女性です。そして6部屋の家主は男性。
なので、6つの部屋は別時系列、違う日、違う時間帯ということになります。
大事なことですが、6股ではありません。
お客様の彼女は誰とも付き合っていません。彼女にとっては、みんなお友達です。
しかし家主たちはどう思っているかわからない…スマホゲーのような設定です。

家主と彼女の距離感も部屋ごとに違います。
実は心の距離が近い順に右上から並んでいます。
家主とお客様のいる場所で表しています。身体の距離=心の距離です。
例えば最も親密な「月と星」の部屋では2人は遮るものなく並んでソファにいます。上の3部屋では2人の間に遮るものはありませんが、下の3部屋ではテーブルが間に挟まります。そして最後の「アルコール」では2人の間は高いカウンターで遮られています。

以上を踏まえて、もう一度6部屋のおさらいと作るときに考えた設定を整理。

月と星の部屋

ミニルーム「月と星の部屋」

関係:気の置けない悪友。なんでも言いたいことを言い合えるし、信頼もしてる。
家主の性格:なんだかんだと世話焼きで、よく気がつく
ウェルカムドリンク:コーヒー
過ごし方:天体観測
お呼ばれの仕方:いつの間にか遊びに行くことが決まっている

旅人の部屋

ミニルーム「旅人の部屋」

関係:お兄ちゃん的存在
家主の性格:おおらかで常識に縛られない自由人。よく失踪する(旅に出ている)。
ウェルカムドリンク:チャイ
過ごし方:旅の写真を見ながらおしゃべり
お呼ばれの仕方:旅から帰ってくると連絡が来る

お菓子の部屋

ミニルーム「お菓子作りの部屋」

関係:感覚的には女友達。
家主の性格:可愛いものが好きでピンクとかも好き。性別に頓着がないタイプ。
ウェルカムドリンク:紅茶
過ごし方:一緒にケーキやお菓子を作ってから試食会
お呼ばれの仕方:お菓子を作ろうと誘われる

緑の部屋

ミニチュアルーム~グリーンの部屋~

関係:気の合う茶飲み友達
家主の性格:植物と動物が好きで人間はちょっと苦手。現代機器も苦手。
ウェルカムドリンク:お手製ハーブティー
過ごし方:お茶をしながらまったり静かに過ごす
お呼ばれの仕方:お誘いの手紙が届く

水無月の部屋

とある小説家の部屋

関係:尊敬する人
家主の性格:掴みどころがなく曲者。人間観察が趣味。
ウェルカムドリンク:日本茶(セルフサービス)
過ごし方:お互い自由。本を読むなど。家主はおもてなす気は微塵もない。
お呼ばれの仕方:一方的に電話が掛かってきて呼ばれる

アルコールと音楽の部屋

ドールハウス「ミニルーム~アルコールと音楽の部屋~」

関係:ちょっと距離を置かれている知人
家主の性格:もてなす気はないと言いながら黙々と食べ物や飲み物を用意してくれる。いわゆるツンデレ。
ウェルカムドリンク:カクテル
過ごし方:音楽を聴きながら手製のおつまみとアルコールを堪能。楽しい会話は期待できない。
お呼ばれの仕方:呼んでくれないのでこちらから急襲。酒持参は必須条件。

●裏設定
・一番遠い位置にある「月と星」「アルコール」の家主同士は犬猿の仲。「月と星」部屋の家主と仲良しなので、「アルコール」部屋の家主からは距離を置かれている。

他にもいろいろ細かく考えていることもありますがキリがないのでこのぐらいで。
どの部屋に遊びにいきたいか考えながら見ていただけると楽しいかなと思います。

来月ぐらいには新しいドールハウス作り始めたいと思ってます。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です