ドールハウス「異国のバザール 果物の露店」


異国のバザールをテーマにしたドールハウス作品の5つのお店のうちの1店舗。
果物屋です。

ミニチュア市場の果物屋

海外の市場をイメージした果物屋

テントカラーはビタミンカラー。置いてある果物と同系色の色合いです。
サイズはW120×D85×H113mmで5つのお店の中では一番大きいテントになります。

置いてある果物は全部で13種類。
前、中、後の3列構成で段差をつけて並べています。

前列左からオレンジ、レモン、りんご、グレープフルーツ。アミングテープを巻いて作った皿に乗ってます。

ドールハウス「果物の露店」

レモン、リンゴ、グレープフルーツ

積み重ねられるだけ積み重ねたのですが、これ以上は難しかった。

中段左からスターフルーツ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、瓜。ちょっと変わった果物たちです。
瓜以外は薄手の段ボールで箱を作って詰めました。見えやすいように箱を斜めに置いています。

ドールハウス「果物の露店」

中段と後列の果物たち

マンゴーは黄色をベースに赤をスポンジでたたくようにして色付けしたので斑模様です。
スターフルーツはピンセットでつまんで星形になるように形を調整しています。

後列左からマスカット、みかん、いちじく、黒玉スイカ。
スイカ以外はアミングテープで作ったかごに入ってます。

ドールハウス「果物の露店」

黒玉スイカと瓜は箱に直置き

そしてテントにぶら下がっているバナナ。果物屋の露店といえば吊り下げられたバナナのイメージ。

ドールハウス「果物の露店」

テントのひもに針金で吊り下げたバナナ

果物はすべて樹脂粘土製です。
普段あまり光沢ニスは塗らないのですが、果物なので艶々してる方がおいしそうかなと思って塗ってみました。

果物が乗っているのは木製の箱。ひっくり返すと果物を入れてそのまま運搬できる仕様です。
サイズはだいたい同じぐらいに作ってあって、置く向きで高さなどを調整しています。全部で11箱作りました。
前、中、後で3個ずつと後ろの高さを上げるために上に重ねて2つの箱を乗せています。
箱はきれいに並べるのではなく、乗せたものが落ちない程度にわざと隙間を開けて配置しています。

床の敷物は100均で買ったランチョンマットを切って使いました。

一番最初に作ったテントだったのでテントを安定させるのに苦労しましたが、テントさえ立てば果物は形が単純なので作り始めたらあっという間に完成しました。

 

【関連記事】

ドールハウス「異国のバザール」「異国のバザール 総括編」…5つの露店を集めたドールハウス全体の紹介です

ドールハウス「異国のランプ&香水店」「ランプと香水の露店」…果物の露店の向かい側のテント紹介はこちら

ドールハウス「異国の香辛料店」「香辛料の露店」…果物の露店のお隣のテント紹介はこちら

ミニチュアのフラワーカート「フラワーカート」…入口付近のお花の移動販売カートの作品紹介はこちら

 


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。