「ミニチュアのアンティーク風旅行トランク」


夏ですね。旅に出たいシーズンになってきました。

アンティーク風の旅行トランク作りました。
映画とかでよく見かけるこういうアンティークトランクでの列車旅に憧れます。

トランクの基礎は1mm厚のバルサです。それに薄手の皮素材を貼っています。
皮材はユザワヤでワゴンセールされていた端切れ買ってきました。

レトロトランク制作①

バルサに皮を貼る

蓋部分の上箱は少々大きめに作ってあります。

レトロトランク制作②

左が下箱、右が上箱。

接着する1辺だけは重なるように作ってあります。
サイズは上箱:W41×H26×D8、下箱:W37×H26×D10(mm)です。
皮を貼るとその分厚みが増すので、基礎のバルサ部分はさらに2mmずつぐらい小さいサイズになってます。

外見の装飾は濃茶のスエード材です。ベルトの金の装飾はTピンを短く切って貼りました。

レトロトランク

ベルト通しは丸カン

持ち手は針金に皮材を巻き付けて形が崩れないようにしてあります。

レトロトランク中身

レトロトランクを開けると・・・

トランクは開きます。接着辺を皮材でつなぐことで開けられるように作ってあります。
ポケット部分は布製ですが、型崩れしないように上部に針金通しました。

トランク全体の完成サイズは持ち手部分含めて、W48×H33×D15(mm)です。
おまけのカメラは樹脂粘土で作りました。レンズ部分はレジンです。

トランクの中身まで作れればさらにときめくこと受けあいですが、そこまでやりきれませんでした。
ミニ服作るには手芸技術のスキルが不足しているので諦めます。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です