「役立たない特技の話」


特技とは…「特別の技能」by.国語辞典

特別な技能って誰にでもできることでは特技とは呼べないですよね。
そんな自信のあることなんてないので、履歴書の特技欄や人に特技を聞かれると困ったものです。
趣味はドールハウス、ミニチュア作り他、好きなことはいろいろありますが、特技って何?

そんなときふと思いついた、唯一の特技と言えるかもしれないものがこれでした。
ミニ折り紙で作る折り鶴。

折り紙のミニ鶴3羽

右から紫15mm、赤12mm、緑8mmの紙で折りました。親子鶴です。
なんでもいいので紙を定規で測って四角く切ればミニ折り紙になります。

その昔、小学生か中学生の頃にテレビで手先が器用選手権の一種目でやっていたミニ鶴折りを真似てやってみたのが起源です。
一時期ハマって、ミニ鶴で千羽鶴作ろうとして約200羽で飽きた過去があります。
今でも昼休みなどに時折暇なときにその辺のいらない紙で折ったりしています。

小さい折り紙は紙の素材(厚さ)がすごく重要。
紫と赤は和紙素材で折りましたが、和紙で8mmは無理だったのでごく普通の薄手の包装紙で折りました。
どうしても折れなくなる限界点があるので私の最高記録は今のところ8mm鶴です。

ちなみにピンセット等は一切使いません。指先のみで勝負です。
折っている途中に落として行方不明になるのは、あるあるです。

折り紙ミニ鶴

折り紙で小さな小さな鶴を折ろう!

出来上がりは紙のサイズ-1mmぐらいになるようです。

なんの役にも立たない特技。地味すぎて特技と呼べるのかも不明です。
いつか人に特技はと聞かれたら答えようと決めて以来、今のところ人前で披露する機会はありません。

暇つぶしに手先の訓練にもなるので、ぜひやってみてください!


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です