「ガラスドームで作るティーポット」


アクセサリー作りで最近流行のガラスドームを活用してミニチュア作ってみました。

ちょうどティーポットが作ろうと思い、中身が見える透明感のあるポットがいいなと考えて思いついたのがガラスドームの活用です。
使ったのはパーツクラブで買った直径11mmの円形ガラスドームです。

ガラスドームのティーポット

ガラスドームで作ったティーポット

そのままではまん丸のため置くことができないので、レジンを少々垂らし、上にガラスドームを置いて固めました。これで安定感は飛躍的に改善。

蓋はガラスドーム用のキャップです。アクセサリーを作るときに使うものをそのまま使っています。
持ち手は針金で成形しました。
蓋と持ち手は元々は金や銀のパーツだったものを、メタルプライマー(金属素材に着色できるようにするスプレー)を使ってアクリル絵の具で白に着色しました。

注ぎ口は樹脂粘土です。

ガラスドームポットの中身は

ガラスドームポットの中身はハーブティー

ティーポットの中身はハーブティーにしたかったので、花茶っぽい感じで樹脂粘土の花と葉を沈めて、薄緑色に着色したレジンで固めました。

持ち手部分の強度が弱いので、このままアクセサリーにはできないですが、工夫すればティーポット型のピアスなどに加工しても可愛いかもしれません。

【関連記事】
ミニチュアルーム~グリーンの部屋~「おもてなしルーム~緑の部屋~」・・・ガラスドームポットを使ったドールハウス


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です