「魔法のランプのファスナー飾り」


先日、劇団四季の「アラジン」を見てきて、その勢いのまま魔法のランプを作りました。
アラジンの象徴といえばやっぱりランプなので。

魔法のランプ ミニチュア

樹脂粘土製・魔法のランプのミニチュア

樹脂粘土で成形すること数分の超簡易作品です。
劇中のランプに鎖はついてなかったですが、ランプだけではちょっと味気ないかなと思ってつけてみました。

勢いで何かを作ろうというわけでもなかったので、ファスナー飾りに加工しました。

魔法のランプ アクセサリー

ポーチにつけたイメージ

家にあったビーズや金具を組み合わせ。私のアラビアンカラーのイメージが金と紫なのでその2色でまとめました。
最初はパールビーズを3つぐらいつけるだけのつもりだったので、もっと短くなる予定でしたが、ハート型の金具を見つけて使いたくなったのでこんなに縦長に…つける場所を選ぶファスナー飾りになりました。
真ん中のビーズ3つは4センチぐらいの長いTピンに通して両側を輪にして使いました。

脱線して、劇団四季のアラジンの感想。
とても綺麗な舞台でした。とにかく色彩がすごく艶やか。
アラジンの暮らすアグラバーの街中のシーンは、街人の衣装や街の風景、小道具も原色系の色が使われていてとてもカラフル。ビビッドな色合いで活気がある市井の様子を表しているんだなと。
対して、王宮のシーンは白やパステルカラーのピンクや紫で構成されていて、高貴な華やかさや落ち着きを表しているんだなと思いました。
色彩という面から舞台を見るのも面白いものです。歌や踊りも素晴らしいですが、衣装や大道具・小道具に興味津々でした。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です