「ミニ花壇&ガーデニング用品」


以前制作した森の隠れ家に庭を造成しました。

飾るのに屋外が寂しいので、まずは花壇を作ることに。
花壇の縁は市販の木の四角い板を繋ぎ合わせたもの。土はパン粘土を土台に、薄くボンドを伸ばして模型用の茶色の砂と細かいコルク片を振りかけました。

ミニチュア花壇制作中

ミニチュア花壇に花を植えこんでいきます

草花はパン粘土と樹脂粘土を織り交ぜて作っています。
もちっとした葉っぱや花を作りたいときはパン粘土、透明感のある葉を作りたいときは樹脂粘土です。薄く延ばすのも樹脂粘土の方が向いているので、薄い葉っぱは樹脂粘土です。
葉や茎の色は日本色のアクリル絵の具から「苔色」「千歳緑」を使いました。やっぱり西洋色の絵の具を使うよりナチュラルな落ち着いた色味が出ていい感じです。

ラベンダーの花は沖縄で買った星の砂(青)をフラワー用ワイヤーにボンドをつけてまぶして作りました。

先に花を全部作り終えてから土台作りです。数時間乾かして、完全に乾く前に花を植えこむと安定します。

ミニチュア手押し車

手押し車にはガーデニンググッズを積み込み

花壇だけでは物足りないのでガーデニンググッズも作成。
バケツやジョウロ、スコップは樹脂粘土。
バケツは前に作って使っていなかったものを見つけて転用。お陰で持ち手のワイヤーがいい感じに錆びていて雰囲気がでました。

手押し車はバルサメインです。タイヤはちょうどよく中央に穴が開いたものが家にあったのでそれを使いました。
どうでもいい仕様ですが、ちゃんとタイヤは転がります。
台車には土や種、苗などを積み込んであります。

モルタルミニハウス&花壇

薬草工房のドールハウスに花壇などの飾りを追加

一旦完成としたものも、手を加えてみるのもたまにはいいもの。
私の作品は室内も含めて基本的に固定しないスタイルです。その時々の気分で展示が変わったり、違うものを置いてみたりできる未完成の状態がベストと思っています。

そんなわけで1年越しで、薬草工房に庭が出来上がりました。

【関連記事リンク】
「森の隠れ家 ~薬草工房~」(作品概要について)
「森の隠れ家 ~家具&小物~」(室内の小物類について解説)
「絵の具 ~日本色と西洋色~」(着彩に使った絵の具はこちら)


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です