ドールハウス「海のスイーツカフェ〜Marine sweet sweets〜」


森と海をテーマにしたドールハウス、スイーツビュッフェのカフェ、海verです。
水族館のような大水槽のあるカフェ。海好きの趣味丸出しの一作です。

【ハウス全体について】

海のスイーツカフェドールハウス

海のスイーツカフェドールハウス「Marine sweet sweets」

サイズ;W300×H145×D150mm
森のドールハウスと同じサイズです。

●デザイン
大水槽ありきで全体の配置を考えました。
大きなアーチの岩場を作りたかったので、水槽の広さの確保は絶対、あとスイーツを置くスペースもある程度欲しいし、バーカウンターみたいなのも置きたい…
森verと同じサイズなので、限られたスペースをどう活用するか、頭を悩ませました。
結局、左奥に斜めに大水槽を設置することで、奥行きのある空間を確保し、壁に沿ってスイーツを配置、手前にカウンターを置くという少し変わった配置に落ち着きました。

海のスイーツカフェ図案

実寸大で書いた配置図案

ちゃんと収まるか、カレンダー裏に実寸で配置図書きました。
鉛筆なので見づらい…
しかも、そのまま図案の上で作業にした結果、レジンやらニスや垂れてめちゃくちゃ汚くなりました。

●カラーイメージ
見ての通り、全体的に青色メイン。
海底のイメージで全体的に下の方は濃い色、上の方は薄い色にすることで落ち着きある雰囲気に。
森とは対照的に緑色はほぼ使っていません。
水のイメージで透明色も多用しています。

イメージに合わせて素材も木材は上から何か貼るなど、見た目にはわからないようにしか使っていません。
レジンやプラスチック素材のものがメイン素材となっています。

●床、壁
床はフェルト風の素材で絨毯調に。
ユザワヤで毛足が短く手触り良好、色も高級感のある濃紺、余りすぎるぐらいの量で400円。これだ!と即決しました。

フェルト風の素材

絨毯にぴったりの素材。手触りもつやつや

壁は森と同様に一度グラデーションになるように絵の具で色をつけてから薄い青い紙を貼りました。

大水槽の壁は2重になっていて、オーロラに光る紙をまず貼り、その上に青のプラ板を重ねています。
これによって、本当の海の中のように光の当たり具合によって青や緑がかった色などキラキラと違う色が楽しめるようになっています。

海のスイーツカフェ

左半分がオーロラ紙&ブルーアクリル版、右半分が青の薄紙

光が入っていないところで写真を撮ると壁に使った素材の違いが明確にわかります。

海モチーフのミニチュアスイーツ

光が当たるとクラゲの影が出現

泡をイメージした丸いビーズを吊り下げたり、クラゲ電球を吊り下げたりして海の中のゆらゆら感を表現。
光によって壁に影ができるようになっています。

【小物等について】

●大水槽

ミニチュア大水槽

アオウミガメのいる大水槽

写真ではわかりづらいですが、手前側は取り外し可能なアクリルパネルで仕切られています。
天井は壁と同じ青のアクリル板。こちらも取り外し可能。
アクリルパネルを支える両側の柱はレジン製。
ストローに色をつけたレジンを徐々に流し、グラデーションのようにして作りました。

レジンとストローで作る柱

市販のストローをレジン型として活用

青いストローなのでわかりにくいですが、固めてからストローを剥いているところ。
長い棒が作りたかったので、試しにストローでやって見たら意外と上手いことできました。最初に底に大きめの石やビーズを詰めるのがポイント。
太さはストローに依存しますが、長さの設定は自由な使い捨て型です。

水槽の中の岩場は石粉粘土です。
敢えてでこぼこに、細かい整形は加えずヒビなどもそのまま活用。奥行きが活用できるアーチ型に。
色付けも気の向くままカラフルに適当に。

水槽の底は模型用の白砂と沖縄で買った星の砂を敷き詰めています。

魚は主に樹脂粘土で製作。
大水槽っぽく大物のアオウミガメとマダラトビエイは入れたいと思っていて、それ以外は適度な大きさで特徴がある且つ作れそうな魚を選びました。

ミニチュアのアオウミガメとマダラトビエイ

水槽の主役、アオウミガメとマダラトビエイ

水底が寂しいなと思ったので、ネコザメが仲間入り。ちょっと胴が短めの子になってしまいましたが…

ミニチュアのネコザメ

水底のネコザメ。しましま模様が特徴

水槽作っている時が一番楽しかったです。

●テーブル、椅子
客用テーブルもスイーツ並べたテーブルも全てレジンで作りました。
青色の着色液何種類か用意し、綺麗な色のテーブルは作れたものの、正直、コスパは良くなかったです。レジン1本じゃ足りなかった。

客用テーブルは7mm四方のレジン型で作ったパーツを25個繋ぎ合わせて作りました。

レジンで作ったテーブル

パッチワークのようなレジンテーブル

真ん中の除いて4つずつ同じ色と素材で作ったものを左右対称に並べました。

椅子は貝殻のレジン型に樹脂粘土を詰めて型取りして作ったもの。
ラメの入ったパールホワイトのアクリル絵具を塗っています。

スイーツテーブルは35mm〜15mmの円形のレジン型で作ったものを繋げて作りました。うち、2つだけ飾り石を混ぜました。

●スイーツ
スイーツの個々の紹介はまた別記事にしようかと思っています。

お気に入りはウミウシのエクレア。ちゃんと実在のウミウシをモデルに作りました。

海モチーフのミニチュアスイーツ

海モチーフのミニチュアスイーツ

他にも珊瑚プリンや貝殻サンド、ゼリーなどなど。
スイーツは概ねパステルカラーで統一しています。

●皿、カトラリー
海verのカトラリーのモチーフはジンベイザメとタコ。
皿の中央部分はレジンで透明に、周りは樹脂粘土で。皿型を使って作りました。

カトラリーは色違いで、柄の部分にシェルフレークをまぶしました。

海のスイーツカフェのカトラリー

皿とスプーン、フォーク、ナイフ

●カウンター
手前の黒いカウンターは木材に黒の色紙を貼って、天板にアクリル板を乗せて作っています。
側面は蛇腹(ダンボールっぽい)紙。なのでちょっと立体。

海のスイーツカフェカウンター

カフェのドリンクカウンター

森verと異なり、こちらはドリンク注文制。
コーヒーメーカーはガラスドームやアクリルパイプを使って作っています。写真ではわかりにくいですが、持ち手を貝殻で飾っています。

丸い瓶は蜻蛉玉。

ミニチュアドリンク・ジュース

レジンで作ったミニチュアドリンク

海っぽいドリンクということで、ソーダとオレンジ。
アクリルパイプにレジンで作りました。
オレンジは少しグラデーションっぽく、ソーダは泡多めに。
結構上手く作れたので気に入っています。

他にも語りたいことはたくさんあるのですが、とりあえず今回はこれぐらいにしておきます。

大好きな海モチーフのドールハウスだったので、とても楽しく作れ舞した。

森と海の2部作で作りましたが、空verも作って空と海と大地の3部作にしたい野望も…
ただ空は鳥以外の生物がいないのでスイーツのモチーフが少ないのが難点。
夢で終わりそうな気がします。

【関連記事】

森カフェスイーツのドールハウス
「森のスイーツカフェ」…森verのドールハウスはこちら

ミニチュアスイーツビュッフェ

「粘土で作るミニチュアスイーツ」…森verのスイーツはこちら


おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です