「趣味を愛する4人の部屋 ~工芸~」


趣味4部作ドールハウス、最後の4部屋目は「工芸の部屋」。
工作、絵画などモノづくり全般が大好きな男の子の部屋。学校から帰ってくるとカバンを放り投げて作業に没頭します。

工芸の部屋の住民の設定は、こんな感じ。
● 4人の中ではムードメーカーの男の子
● 手芸の部屋の女の子と双子の兄妹
● 好きなものは工作、絵を描く、パソコン
● 元気いっぱい、好奇心旺盛
● 勉強は苦手だけど、好きなことへの集中力と知識は抜群
● イメージカラーは黄色

彼の部屋は背伸びした大人っぽさと溌剌とした子どもっぽさが混在しています。
家具は黒などのシックな色合いで揃え、対照的に小物は黄色、紫、緑を中心にポップな色彩で作りました。

作業机でロボット作り

ロボット作成中の作業机の上

作業机の奥の壁には大きなブラックボード。アイディアを書き留めては消して使っています。
ブラックボードは横にうっすら線が入っている紙と黄色いプラスチック板を組み合わせて作っています。

手書きの設計図

デザインも自分で考えて書きとめています。作成中のロボット図案

デザイン画もお洒落に星のクリップで。左のト音記号のついた時計は作成済み。音楽の部屋に完成品が置いてあります。
彼が他の部屋の住人にプレゼントしたものは“デザイン時計”です。
紙を留めている星のクリップは新品靴下についている金具をそのまま使ったもので、星はボタンです。
靴下金具も集めておくといろいろ役に立ちます。

壁にかけられた作業道具

壁も利用して道具を部屋の装飾として配置

壁には定規やマスキングテープなど。棚には絵画筆と水入れ。
マスキングテープは無地や柄の細かい本物のマスキングテープを細く切って巻きました。
筆も100均で買った絵筆の一部を切って本物から作りました。

工具箱

床には工具箱や材料。

奥の色画用紙は本物の色画用紙を切って冊子にし、表紙も真似をして書いたものです。ちゃんと開いて色画用紙を見ることもできます。
絵具も自分が使っている絵具の箱を模写しました。

パソコンと学生カバン

放り投げられた学生カバン

趣味には情熱的で道具もきっちり整理、でもそれ以外は…という彼の性格を表すカバンとスリッパ。
4つの部屋のスリッパの置き方もこだわりがあります。性格や部屋のどこにいるのかを表している重要アイテムです。

この部屋はモノの多さでいえば他の部屋の追随を許さないレベルです。
スプレーにカラーインク、パステルやボンドなど、多すぎて写真に収めきれなかったものもあります。

自分の趣味に一番近いので、部屋にあるものをモデルに作ったり、4つの部屋の中では一番作っていて楽しかった作品です。

以上で趣味部屋シリーズは終了ですが、番外編がありますのでそのうち紹介できればと思います。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です