金魚舞う「アートアクアリウム2018」を見に行った話


日本橋で2018年9月24日(月)まで開催中の「アートアクアリウム2018」に行ってきました。
魚大好きなのですごく楽しみにしてました。

日本橋なんてほとんど行ったことがないので、会場の日本橋三井ホールという場所がわからず、「日本橋三井ビル」に迷い込みました。
ビルの警備員さんに向かいの「コレド室町1」だよと教えてもらうという田舎ものっぷりを発揮。

迷子になりましたが、無事にたどり着けました。
入場料は大人1,000円。平日だったのですが、夏休みだからか結構な人手でした。

アートアクアリウム 金魚

入口には天井に金魚

入口の通路の天井には金魚。斬新。

通路を抜けた先の大フロアにはいろんな金魚といろんな金魚水槽が。
薄暗い会場内にカラフルなライティングの水槽が並んでいて、なかなかの異空間です。

アートアクアリウム 金魚

水槽のライトの色は移り変わります

写真はオッケーですが、フラッシュは禁止。暗いので写真を撮るのも難しいです。
私のカメラ、比較的性能が良いけれど、赤とは相性が悪いので赤のライトのときはほぼ何も映りません。
ピンクや緑系のときは中の金魚も一緒に綺麗に映る気がしました。

大フロアの金魚には名札がついていないので、なんの種類の金魚かは不明。
「金魚を見る」というより「金魚を含めた展示を見る」ということなんでしょうね。金魚は演出の一部。

「人間の業が現れた展示」とは今回の展示に誘ってくれた友人の言。
確かにね。金魚を狭い空間に閉じ込めて金魚そのものはさほど見ていないし。

派手派手しい演出と音楽で、日本の夏らしい風情や情緒は皆無です。
まあこれはこれで嫌いじゃないですけど。金魚可愛いし。

アートアクアリウム 金魚

間抜けな金魚の正面顔

魚は正面顔に限る。このなんとも間の抜けた顔がくせになる。

アクアリウム 金魚

丸顔で可愛い金魚の正面顔

贅沢にも九谷焼の器で泳いでいる子。金魚は上から見るものっていうのがわかる綺麗な金魚です。
他にも大きな江戸切子の器で泳いでいる金魚もいました。

出口付近の通路には品種のプレートがかかった金魚の展示があって、やっと品種がわかりました。

アクアリウム 刀

日本刀と金魚。後ろの伊勢海老が気になる

出口には日本刀が。水槽の中に沈んでいるのかと思って驚きましたが、よく見たら二重水槽になっていました。
今回の展示のために無形文化財の方が作った金魚を彫った「翔栄美天命」という刀だそうで。
制作期間1年・・・贅沢だなぁ。

アートアクアリウム 刀

金魚が彫られた日本刀「翔栄美天命」

金魚の図案、可愛い。金魚を彫った刀は例がないそうで、ここでしか見られない珍しい刀だそうです。
その刀の周りを金魚が泳いでいるという展示。涼し気で神秘的!と捉えるか、シュールだと捉えるかは人それぞれかと思います。
伊勢海老などの海産物が展示された和室っていうのは一体どういうコンセプトなのか謎です。

人も多いし、展示会場は40分~1時間程度で十分見て回れます。
お土産屋さんを散策。金魚柄の和紙が展示されてたんだけど残念ながら販売しておらず。
千代紙サイズにしてセットで売ってくれてれば絶対買ったのにな~。

コレド室町から少し歩いたところにある小さな喫茶店「雲母橋(きららばし)」へ。

目的はこれ!金魚のゼリーが入ったロールケーキ。一切れ450円。
飲み物のコップに描かれている紋風の絵柄も金魚。お洒落。

金魚のロールケーキ

金魚のロールケーキ

このロールケーキを粘土で再現するのは難しいだろうなぁ。特にゼリーの金魚が。

金魚グッズもいろいろ見られて、自分で金魚のアクセサリーを作るならどんな風に作ろうかとか考えるのも楽しかったです。
なかなか有意義な夏休みのアクティビティでした。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です