「UVレジンで作る紫陽花ピアス」


UVレジンで作った紫陽花ピアス。初夏シーズンにぴったりの手作りピアスです。
カラーリングは青系と赤系で2種作ってみました。葉も含めて全てUVレジンでできています。

紫陽花サイズはおよそ直径11mmです。存在感は抜群です。

作り方はこんな感じです↓

①四角いレジン型(平らにレジンを固められればなんでもOK)に2mm程度のレジンを流し込む。
②顔料、絵具等で3色程度のグラデーションに染める、固める。

色付けの作業工程

薄く伸ばし着色したレジンを細かくカット。この量で3~4個作れます

③型から外したものを1×2mm程度を目安にハサミで細かく切っていく。薄いので普通のハサミで十分切れます。
④円形のレジン型で10㎝程度の土台を作ります。土台は透明がいいです。色つきもやってみましたが、花の部分が透明の方が綺麗に見えます。
⑤土台の円部分にレジンを塗り、③で作った欠片をランダムにつけて固める作業を2~3回繰り返し、バランスを見つつ土台が隠れたらOK。
⑥葉を作ります。花と同様に四角い型に1mm厚ぐらいにレジンを伸ばし、緑のパール顔料または絵具で染めて固めます。固まったら葉の形にハサミで切ります。私のはパール顔料で染めています。混ぜるときは少し色ムラがあるぐらいでちょうどよい感じです。
⑦花部分の裏に葉とピアスをレジンで固定して、完成です。

紫陽花ピアス裏面

裏に葉とピアスをつけます。ちなみに土台はこの型で作っています

赤系の紫陽花はパールピンクの顔料と赤と赤紫の水彩絵具で花部分を作りました。

紫陽花ピアス赤

完成。台紙をつけると一味違います

キャッチャーに雨だれ風に雫型ビーズをつけるのも可愛いかなと思います。
ほぼ思いつきで作りましたが、工夫の余地はまだありそうです。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です